ホーム>改修工事.jp 社長ブログ>タワーマンション
改修工事.jp 社長ブログ

タワーマンション

タワーマンション…

弊社がある二子玉川にもタワーマンションがいくつかありますが、塔数でいうと4つ。

再開発で東口側に建設された「ライズ」と西側の「プラウド」と合わせて1,200戸余り。

子育て世代に頭を悩ます待機児童問題がここにもありますが、お隣の武蔵小杉では保育所問題は当然の事

急激に建設されたタワーマンション群による人口増加が近隣住民の問題となっているのだとか・・・。

都心や横浜方面へのアクセスが良く、大型商業施設も整っているとの謳い文句でタワーマンションの販売が好調で

急激な人口増加となりそれにインフラが追い付いていないのが現状の様です。

児童の数が増え、校庭をなくして校舎を建設したり市もその対応に苦慮している様です。

駅の混雑率はJRでTOP3に入り、共働き世代が多く、保育所に子供を預けたら改札口や駅の狭いプラットホームにまた人の行列。

今後もタワーマンションの建設で20,000人の増加を見込んでいる…そんな記事が載っておりました。

 先日空き家問題の記事を載せましたが、日本の人口はご存じの通り減少しております。将来的に税収が細るどこの市区町村も悩みは共通です。

その対策の1つとして新築物件などが建設される土地の用途や容積率を緩和し、そこに建物が建設させれやすい環境を作り出すわけです。

でもその一方で空室などが発生していきます。デベロッパーやマンション販売業者は当然利益優先ですから、売れるものは何でも売ってしまえ!という訳です。

大家業を営む賃貸住宅のオーナーの方々は好条件(駅近物件など)な物を除いては、その経営が増々難しくなっていくでしょう。

また、大規模なマンションは将来的な建て替えや大規模修繕などは住人の意見を纏めるのが難しく、行われにくくなるのはご存じでしょうか。

マンション購入時にはそんな考えは頭の中に過ぎりませんが、人が多くなればマンションの購入層も幅広くなるので意思統一もされにくいということですね。

例えは違いますが、かつてのリゾートマンションが破格値で販売されているものがあります。

購入する目的が明確であればともかく、値段に飛び付き購入すると思わぬ事になることも。当然管理費が掛かりますから、毎月数万円の支出が永遠とある訳です。

売却出来れば問題がないですが、それが出来ないから破格値の理由となっているのです。

そういう物件はしっかりとした管理もされておらず共有部分についても、壊れたり放置されたりのまま…ゆくゆくは子供の世代にも迷惑を掛ける事となり、なんて事がないように気を付けましょう。

「マンションは管理を買え」とも言われますが、将来の設計と共によくお考えの上ご購入くださいませ。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kaisyu-koji.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/16

ページ上部へ