ホーム>改修工事.jp 社長ブログ

改修工事.jp 社長ブログ

太陽光パネルを移設すると売電価格は?

ブログが久しぶりの更新ですsweat02

3月の年度末でただでさえ多忙な上に、4月の事務所移転に向けて色んな事がてんやわんや。

そんな中、今回は自宅の建替えなどで新居へ太陽光パネルを載せ替えると売電価格はどうなるんだろう?というお話。

住宅メーカーさんの営業に聞いても知らない人がほとんどでしたよ。

自宅の屋根にも太陽光パネルが乗っておりますが、建物の建替え時には一旦パネルを外し、新設された建物に再度載せ替えるとします。

そうなると気になる売電価格はどうなるんでしょう。因みに私の自宅の設置時の売電価格は48円でしたdiamond

年々下がる傾向にある売電価格ですが、せっかく太陽光パネルを設置したのに

建替えで売電価格が下がるようなら、建替えはもうちょっと後にするかぁ…なんて考えも頭を過ぎりますよね。

結論から言うと契約時に交わした売電価格は載せ替えをしても変わりません。契約時に交わした期間は据え置きです。

ただし、建替え時に建築期間が6ヶ月間掛かるとして、6ヶ月間そのまま期間が延びるかといえばそういう事ではありません。

あくまでも設置した契約時からの期間という事になります。建物の建築期間が長引けばそれだけ損失になるという事ですね。

平成29年度の一般家庭向け売電価格は東京・中部・関西電力圏内においては28円。

私が設置した時は各メーカーのパネル自体が高く、現在と比較すると2倍近くの導入費用が掛かりましたが

それでも国も積極的に助成金などを利用する様な施策が現在よりも活発でしたね。

太陽光パネルは建物の立地条件などで、かなり発電効率が変わりますのでしっかりとしたシュミレーションをした上で

導入を考えましょう。

以上、建替え時の売電価格のお話でしたsun

 

 

 

 

事務所移転②

 先日世田谷区にある弊社事務所移転の話はブログにさせて頂きました。

世田谷区玉川4丁目より喜多見5丁目に移る事になりました。

二子玉川駅と成城学園前駅との中間点位でしょうか。やや成城学園前駅に近いかもしれません。

バス通りに面し、更にバス停が目の前なのでお客様もアクセスしやすいです。お車での来店も勿論可能です。

それよりも女性社員がとても喜んでおりましたhappy01 移転日は4月初旬を予定しております。

現在の事務所は建替えにより3階が自宅、2階と1階が賃貸併用住宅、更には1階の約半分がカフェになる予定です。

1階のカフェ…住宅街となるのでどうなるのかと何人かの知合いに持ち掛けたら意外に興味津々up

そういえば弊社近くのスタバは全国初の住宅街への出店でしたね。しかもお酒が飲めるhappy02

結構流行っていますものねshine自分でやろうかな(笑)もしカフェにご興味があれば是非ご連絡くださいませ。

因みに新事務所の改装工事は弊社で行いますが、現事務所の建替え工事は大手ビルダーさんで行います。

ようやくプランが確定し、これから全てが動き出すことになりそうです。

弊社でなぜ建替えをやらないのかとよく聞かれますが、自宅が絡むので公私混同となりやすく、

プラン変更ばかりできっと工期が遅れる可能性大sweat01他社さんに任せた方が気軽に文句も言えますしね(笑)

ただシステムキッチンや浴槽、エアコンや太陽光等々は自社で納めますのでビルダーさんはあまり儲かりませんね。

こちらの進捗状況も合わせてご報告させて頂きます。

それにしても次男の練習場所を探さねば…

20172207521.jpg

 

 

 

 

タワーマンション

タワーマンション…

弊社がある二子玉川にもタワーマンションがいくつかありますが、塔数でいうと4つ。

再開発で東口側に建設された「ライズ」と西側の「プラウド」と合わせて1,200戸余り。

子育て世代に頭を悩ます待機児童問題がここにもありますが、お隣の武蔵小杉では保育所問題は当然の事

急激に建設されたタワーマンション群による人口増加が近隣住民の問題となっているのだとか・・・。

都心や横浜方面へのアクセスが良く、大型商業施設も整っているとの謳い文句でタワーマンションの販売が好調で

急激な人口増加となりそれにインフラが追い付いていないのが現状の様です。

児童の数が増え、校庭をなくして校舎を建設したり市もその対応に苦慮している様です。

駅の混雑率はJRでTOP3に入り、共働き世代が多く、保育所に子供を預けたら改札口や駅の狭いプラットホームにまた人の行列。

今後もタワーマンションの建設で20,000人の増加を見込んでいる…そんな記事が載っておりました。

 先日空き家問題の記事を載せましたが、日本の人口はご存じの通り減少しております。将来的に税収が細るどこの市区町村も悩みは共通です。

その対策の1つとして新築物件などが建設される土地の用途や容積率を緩和し、そこに建物が建設させれやすい環境を作り出すわけです。

でもその一方で空室などが発生していきます。デベロッパーやマンション販売業者は当然利益優先ですから、売れるものは何でも売ってしまえ!という訳です。

大家業を営む賃貸住宅のオーナーの方々は好条件(駅近物件など)な物を除いては、その経営が増々難しくなっていくでしょう。

また、大規模なマンションは将来的な建て替えや大規模修繕などは住人の意見を纏めるのが難しく、行われにくくなるのはご存じでしょうか。

マンション購入時にはそんな考えは頭の中に過ぎりませんが、人が多くなればマンションの購入層も幅広くなるので意思統一もされにくいということですね。

例えは違いますが、かつてのリゾートマンションが破格値で販売されているものがあります。

購入する目的が明確であればともかく、値段に飛び付き購入すると思わぬ事になることも。当然管理費が掛かりますから、毎月数万円の支出が永遠とある訳です。

売却出来れば問題がないですが、それが出来ないから破格値の理由となっているのです。

そういう物件はしっかりとした管理もされておらず共有部分についても、壊れたり放置されたりのまま…ゆくゆくは子供の世代にも迷惑を掛ける事となり、なんて事がないように気を付けましょう。

「マンションは管理を買え」とも言われますが、将来の設計と共によくお考えの上ご購入くださいませ。

 

 

 

 

 

事務所移転

 弊社は現在の場所に事務所を設立して44年が経過致しました。

現在の事務所の場所に弊社で賃貸住宅とテナントを建設する事が決定致しました。

それに伴い事務所を移転する運びとなりました。当初は仮店舗の予定で代替地を探しておりましたが

仮店舗先を予定していた物件が多目的な用途に使用出来る事もあり、かつ大規模改修工事を必要とするため

費用対効果の側面からも事務所を仮ではなく移転する事となりました。

場所は現在の世田谷区玉川よりも成城寄りになり、築40年以上の古い建物ですが弊社で修繕工事を行いますので

こちらのビフォーアフターもご報告させて頂きます。

時期につきましては4月1日を移転日として予定しておりますが、詳しくはまたご報告させて頂きます。

 

不安な事がひとつだけ…次男の練習場所はどうしましょう^^;

 

2017286224.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

空き家問題①

空家問題... この言葉を一度は聞かれたことがあろうかと思います。

平成26年11月に「空家等対策の推進に関する特別措置法(通称:空き家対策特別措置法)」が成立しました。
この法律では、所有者に空き家の適正管理を義務付けるもので、放置空き家の所有者に対して改善の命令や勧告を行います。
それでも改善されない場合は50万円以下の罰金となる他、倒壊の危険がある場合は行政代執行も行う事ができます。
また、各自治体では空き家の適正管理に関する条例(通称:空き家条例)が次々に制定されています。
日本で初めての空き家条例が平成22年10月1日に埼玉県所沢市で制定されてから、全国で300を超える自治体が導入しているそうです。

空き家が増加し続けると新しい住民が引っ越して来ず税収も見込めないため最終的には自治体財政破綻という最悪の結果を迎えます。
2007年に財政破綻した北海道の夕張市の空き家率は33%、2013年に財政破綻したアメリカミシガン州のデトロイト市の空き家率は29.3%という記事を読みました。
奇しくも両自治体は空き家率が30%前後で財政破綻しています。

日本全国の空き家率は13.5%ですが野村総研の調査結果によると、住宅の除却や減築、中古住宅流通市場の整備、リノベーション、
新築住宅建設の制限などの施策が進まない場合、2033年の空き家率は30.2%と予測しています。
これは自治体どころか、国全体が財政破綻するリスクを示した予測になっているとも言えます。

現在、世田谷区では空き家・空き部屋を活用した地域貢献活用の窓口を設けております。
例をあげると、自宅の空き部屋を地域の交流スペースにされたり、アパートの空き室をデイサービス&カフェになったり
マンションの空き室をグリーフケア(大切な人や物を喪失した時に抱える心身の不安定な状態を癒す)の場という様に形態は様々です。
活用方法は空き家・空き室のオーナーさんと相談の上決められるそうです。
空き家・空き室でお悩みの方は是非一度相談されてみてはいかがでしょうか。

2017236139.jpg

建設業の高齢化

 建設業では高齢化が進み、平均年齢が特に高い職種になっているのは耳にされたことがあるでしょう。

求人募集をしても若い人が応募してくるなんて、宝くじにあたるようなもの。それどころか応募の反響も少ないのが

現実ではないでしょうか。様々な産業で生産効率を上げる様なシステムや機械化が進んではおりますが、建設業でも

その流れに変わりはありません。そんな中、2016年には休廃業、解散の件数が倒産件数の5倍に達したそうです。

背景には冒頭述べた人手不足の深刻化や経営者の高齢化、後継者不足といった理由によるものです。

建設業の代表者の年齢構成比は60代以上が85.4%を占め、卸売業(85.6%)に次ぐ高さとなっています。

これでは益々休廃業が増えていくのは目に見えてますね。

私の年齢は現在51歳。業界からみると低い方になりますねshine後継者になるのかどうかは別として子供は男の子が2人。

社員の年齢も私より年上は一人。恵まれているのかもしれませんね。

 

 

野球一家その③

 現在次男(小6)はリトルリーグに在籍し、今年の8月に行われる世界選手権大会へ2年連続での出場目指して

日々練習に励んでおりますが、所属する調布リトルリーグでは月曜日を除く毎日、調布の関東村で練習を行っております。

世田谷在住の為授業が早く終わる水曜日のみ平日練習に参加が出来ます。実はこの平日練習が終わった後、江東区まで

野球塾へ週に一度通っております。野球塾を終えて自宅に帰ってくる時間は午後11時くらいsweat01次男も私も結構ヘロヘロですsad

ここでは技術云々より体の仕組みを理解し、体の使い方を覚える事を重点に学んでいます。私が教わってきた事がかなり否定される

事もありますsweat02私も一緒にお勉強です。

201712761615.pngのサムネイル画像のサムネイル画像

ベトナム人実習生

 弊社にはベトナム人の実習生が4人おります。日本が開発途上国の経済発展の担い手となる人材育成のため、

先進国の技術や知識をある一定期間諸外国の青年に修得してもらう「外国人技能実習制度」なるものがあります。

我々としては技術供与の代わりに労働力を得るという仕組みですね。

先日第1期生の2人が3年間の期間を経て母国ベトナムへ帰国致しました。

3年間いると仕事の修得度も進み、貴重な人材を母国へ返すのは大変残念ではありますが、ベトナムで日本で学んだ事を

しっかり役立たせてもらいたいと思います。

それはそうと驚いた事に… 今回帰国した一人の実習生のタインという青年が帰国後すぐ結婚するとのことheart

日本いる期間ベトナムに恋人を残して来たのかと思っていたら、なんとなんと日本にいる間にフェイスブックで知り合ったのだとかwobbly

あった事もなく、フェイスブック上でのやり取りだけで結婚ですってsweat01 聞けば親同士が決めた結婚だとか、ベトナムではそういうケースはよくあるそうです

後日、彼らの結婚式の模様がフェイスブックに載っておりました。よく考えたらそっちは先進国ですねheart04

2017123132254.jpgのサムネイル画像

 

 

野球一家その②

 現在、長男(17)は某神奈川の強豪校へ野球推薦で進学するも、諸々ありまして野球を断念sweat01都立高校へ転学し

次男(12)が長男の思いを受継いで頑張っております。そのせいかどうかは別として、昨年のリトルリーグ日本選手権に優勝し、

日本代表としてリトルリーグの聖地アメリカのウイリアムズポートで行われる世界大会(18日間)へ行って参りました。

次男はもう一年チャレンジ資格があり、親子共々日々奮闘中ですimpact

 

20171208520.jpg

 

201712084357.jpg

野球一家その①

 

 「社長のブログ」へお越し頂いてありがとうございます。

お仕事の記事よりも私の「人となり」なんかをご紹介した方がご興味を持って頂けるのかと…

勝手にそんなことを思い付き記事にさせて頂こうかと思います。

 

私の家族構成は家内、長男(17)次男(12)の4人家族です。

私が高校、大学、社会人まで野球をしていたこともありその影響からか、長男が自然と野球に興味を持ちました。

ここ二子玉川が地元という事もあり、私が小学生時代に卒団した野球チームに長男を入団させると、部長(当時の監督)からチームの指導者になれとの依頼。

生粋の負けず嫌いからスパルタ練習を行い(当時は非難囂々でしたsweat01)長男が6年生の時には都大会へ進出し上位進出まであとわずかというところまで行きました。

毎日の練習風景など長男のうしろ姿を傍らでよく見ていたのが次男で、土日は長男中心の野球となりお手伝いやお当番の家内と次男はそのお供という行動パターンになります。

長男の学童野球(軟式)が終わり、硬式をやらせようと中一(13歳)の夏まで活動出来るリトルリーグへ入団させました。その時小学一年生だった次男も同時に入団。

入団先は調布リトルリーグdiamondプロ野球選手を20名以上輩出している名門チームです。長男はメジャー、次男はティボールというクラスに分かれ、ひとまず私は一父兄の立場で彼らをサポート。

それ以来、下記の写真の様な練習施設(通称鳥かご)を弊社駐車場に作り、毎朝若しくは私が時間のある時には夕方から夜に掛けて練習をしております。

 

201711961119.jpg201711961229.jpg

ページ上部へ